ライブ配信の椅子に拘りたい

ゲームをライブ配信……、ユーチューバー御用達アイテム、必要不可欠な存在がゲーミングチェアです。何時間もパソコンと向き合うという人たちも、椅子とは真剣に向き合う必要があります。

ライブ配信に大事なのは……椅子?

ライブ配信のためのアイテムについてみなさんもいろいろ考えるこさとでしょう。パソコンを買い換えようとか、クオリティーの高いマイクを購入したりとか……。

でも、やっぱりあなたがライブ配信を充実しておこなうため椅子はとても大事な発想です。腰痛持ちの人たちは、そんなチャチな椅子では、ライブ配信という長丁場に耐えることができないでしょう。

ゲーミングチェアを選ぶポイントは……

では、ゲーミングチェアはどのような感じでselectすればいいのでしょうか。ライブ配信をする人たちは、リクライニング機能のある椅子がおすすめです。それは背もたれ部分の角度を変えられる椅子です。

ライブ配信して疲れた時には、リクライニング機能の椅子は、背もたれを倒して仮眠がOKです。ゲーミングチェアを意識したら、30度~180度まで倒せる優れものが多いです。

あなたにはひじ掛けの角度が変わる連動機能を持っているゲーミングチェアがおすすめかも。

では、ゲーミングチェアの素材はどのようなものがいいのでしょうか。

ライブ配信をリラックスしておこなうため、通気性に優れたメッシュ素材がいいでしょう。夏場でも、涼しい感じでライブ配信をおこなうことができます。

自分のテーブルとの高さが合うかをcheck

ゲーミングチェアだけ優れていても意味がありません。何を言おうとしているかといえば、椅子は、デスクとの相性がとても大事です。せっかく、クオリティーの高いゲーミングチェアを購入しても、デスクの相性が悪いと台無しですよ。

もちろんあなたがしなければならないのは、しっかりサイズを測ってゲーミングチェアを購入することです。

ゲーミングチェアはここで購入する

いかがでしょうか。では、あなたに一番マッチングしているゲーミングチェアは、どこで購入すればいいのでしょうか。おすすめは、 AKRACINGです。 AKRACINGとは、中国で、新しい商品やサービスを世に送り出す世界的なゲーミングチェアブランドです。AKRACINGは、もともとレーシングシートを製造していた企業なので、座り心地の良さはお墨付きです。 スタイリッシュなデザインでとてもオシャレです。

おすすめライブ配信アプリSHOWROOM

このような充実した機能をもったライブ配信アプリがあるから、もっともっと気軽にライブ配信をスタートすることができるようになりました。2020年、どのようなライブ配信アプリがあなたにとって一番マッチしているのかしっかり比較してみましょう

SHOWROOM

まず、最初におすすめライブ配信アプリは、SHOWROOMです。
SHOWROOMは、アーティストやアイドル、タレントなどのライブ配信を視聴することができる、人気急上昇のライブ配信アプリです。
誰でも気軽にライブ配信することができます。

視聴する時には、アバターを使用し、参加することができたり、また、リスナーとして上位にランキングされれば、前方の席取りをすることができますよ!まさに、それは生ライブに参加しているような臨場感ではないでしょうか。

マシェバラTalk

次のおすすめライブ配信アプリは、マシェバラTalkです。マシェバラTalkは、パソコン、スマートフォンどちらでも気軽に利用することができる動画配信サービスです。配信者&ユーザーが、マンツーマン! いい感じでコミュニケーションを楽しむことができますよ。

「プライベート配信機能」は、業界で一番最初にスタートした機能です。

Twitch

次のおすすめライブ配信アプリは、Twitchです。Twitchは、ゲームが好きな人たちのためにある、ゲームに特化したライブ配信プラットフォームです。

運営会社の母体は、amazonです。無料会員だって、ゲームの実況中継をハイクオリティーの画質で長時間配信することができますよ。

TwitterやFacebook、Youtubeなどへの連携は簡単に行うことができ、過去の動画は、Youtubeにアップロードすることができます。

Mixer

次のおすすめライブ配信アプリは、Mixerです。Mixerは、 あのマイクロソフトが運営している、 ゲームの実況を中心としたライブ配信ストリーミング動画配信サービスです。

Windows 10 、 Xbox Oneでの配信はno problem、「FTL(超光速)テクノロジー」は、オリジナルのストリーミングプロトコルを使用、配信の遅延時間は 1 秒未満というスピードを実現することができます。

いかがでしょうか。いま、ソーシャルネットワーキングサービスだけでなく、いろいろな分野に特化した、ライブ配信サービスが様々提供されるようになりました。 ライブ配信は、それぞれの目的に応じて使い分けるというのがいいのではないでしょうか。そのためにも、どのようなライブ配信アプリがちまたに出回っているのか、しっかりresearch!しましょう。どのライブ配信アプリも、魅力的な特徴を持ち、あなたの日常生活を画期的なものにしてくれることでしょう。

インスタライブはこんなライブ配信

いま、ライブ配信に夢中の方々が多くいらっしゃることでしょう。そのような人たちに注目されているのが、インスタライブ、インスタグラム・Instagramのライブ配信です。

インスタグラム・Instagramのライブ配信の方法

インスタグラム・Instagramのライブ配信では、見ている最中、コメントを送ることができ、ライブ配信している人たちといいコミュニケーションを持つことができます。

あなたが、ライブ配信に参加すれば、インスタライブの画面下に、「こんにちは」や絵文字が表示されます。

タップして配信者にあいさつして、いいコミュニケーションを形成しましょう!

コメントの内容は、ライブ配信をしているヒト以外に、視聴している人たち全員が見ることができます。ですから、個人情報が全員に知られてしまうことになるので、ここあたりはしっかり注意しなければならないポイントです。

配信を盛り上げるハート(いいね)を送る機能

また、インスタライブには配信を盛り上げるハート(いいね)を送る機能があります。 インスタライブのハートはひとり何回でも送って問題はありませんので、積極的にどんどん送ってみましょう。

ただハートを送ったからなにかが起こるとかはありませんが、見ている人たちも、ライブ配信に参加しているように臨場感を味わうことができるのではないでしょうか。

インスタライブをシェアする

また、インスタグラム・Instagramのライブ配信では、ストーリーと同じようにほかのユーザーにシェアが可能です。お気に入りの友だちにシェアしてあげて、みなさんでわいわいがやがややるのがいいでしょう。

画面の右下にある「紙飛行機マーク」をタップしてみましょう。すると送信先アカウント一覧が表示されます。シェアしたいユーザーの右側にチェックを入れ、画面下にある「送信」タップで、シェア完了!です。

インスタライブの参加リクエストとは

インスタグラム・Instagramのライブ配信のいろいろわからない問題を解決しましょう。インスタライブの参加リクエストとはなんなのでしょうか。

インスタライブの参加リクエストとは、ほかのユーザーと一緒にコラボ配信する時、使用するものです。LINEグループのビデオ通話みたいなものです。

参加リクエストをして、コラボ配信でLINEグループのビデオ通話みたいな感じでお互いの画面が同時に表示され、いい感じでライブ配信を行うことができます。

教育現場でライブ配信 人間関係は教育できる??

教育現場でもライブ配信というニーズはまさに高まっていると言っていいでしょう。今後、ライブ配信よりにもっと時代はなっていくのでしょうか。しかし、そこにあるのは、生の人間関係ということではありません。やっぱりひとつのスペース空間に人間たちは集まらなければならないということで、教育現場でライブ配信というモチベーション、新型コロナがある程度収まればスローモードになってしまうことかもしれません。

ライブ配信、ライブ配信というもののライブ配信には、必ずデメリットも存在します。

ライブ配信のデメリット

ライブ配信、ライブ配信と、ライブ配信はとても現在ニーズがアップします。ライブ配信で授業が行われているのなら、いちいち学校へ行く必要はありませんよね。朝遅くまで寝ることができると賛同している子供さんもいるかもしれません。まさに、授業シーンで使用されるライブ配信は合理化のスタイルです。

実際につらい思いをして、いちいち学校へ出かけていく必要などないのです。いちいち学校へ行く必要がないと言うことは、生徒たちが直接交流することがなくいじめ問題もなくていいかもしれませんが。

義務教育の現場ではなく、大学ではより、積極的にライブ配信というモチベーションを高めている感じがします。大学は、義務教育ではありませんので、ライブ配信をしっかり聞く、聞かないは生徒に任せておけばいいのです。全く悪い方法ではないと言えます。

しかし、小学校などでライブ配信を積極的に導入することで、真剣に聞かない子供さんを管理することがなかなか出来なくなってしまうでしょう。また、それを測る方法が、テストだというかもしれませんが。果たして、子供さんの頃から、インターネットに触れさせて、インターネットの向こう側にバーチャルのコミュニケーションを作ることが正しい
ことなのでしょうか。

ただし、緊急事態に、このようにライブ配信が普及するのは、とてもいいことだと思いますが。

まさに、はじめて、ライブ配信が有効的に使われているという感じもあります。

教育現場はリアルな人間関係を学ぶところ
いままで子供さんたちは、家庭というコミュニケーションしか持っていなかったのです。
しかし、家庭というコミュニケーションだけ学べばいいということではありません。私達は、子供さんの頃から社会的コミュニケーションを教育現場で学んでいかなければなりません。

果たして、ライブ配信にそれが出来るのでしょうか。

学校教育のライブ配信の方法 オンライン授業のメリット

やっぱり緊急事態宣言抜きにして語ることができませんが、緊急事態宣言によって、教育現場でのライブ配信のモチベーションも一気にアップしました。そこへ今ランダムにZoom、Teams、Google Hangouts meet……というワードが飛び込んで来ています。もちろん、現在、検討しているという方々も多くいらっしゃることでしょう。

また、塾でも、授業動画配信で学習を提供するオンラインプラットフォームを積極的に導入する傾向が顕著です。

おすすめライブ配信アプリ

ライブ配信をスタートしたい、そのような人たちに注目されているのが、ライブ配信アプリです。スマートフォンだけでもライブ配信を行うことができて、気軽なモチベーションで多くの人たちとつながることができます。ライブ配信をすれば、視聴者からは投げ銭をもらうことができたりして、実際には月に何百万円も稼ぐライバーがいます。

ライブ配信について非常に興味を持っている人たちが多くいます。でも、ライブ配信アプリもたくさんあって、何を選択していいかわからない……という人たちも多くいらっしゃることでしょう。そのような人たちにはコレがおすすめです。

ニコニコ生放送

まず、おすすめのライブ配信アプリは、ニコニコ生放送です。知名度も抜群、多くの人たちが安心して使用していることでしょう。アカウント登録は不要で、誰でもライブ配信や番組を視聴することができます。

ニコニコ独自のコメント表示機能が、ウザいという人たちの声もありますが……、みんなで一緒に盛り上がることができる一体感がここにはあるのではないでしょうか。

高画質で配信を楽しめたり、タイムシフトや追っかけ再生機能など魅力的な機能も存分に使用することができます。

LINE LIVE(ライン・ライブ)

次のおすすめのライブ配信アプリは、LINE LIVE(ライン・ライブ)です。LINE LIVE(ライン・ライブ)も知名度抜群、多くの人たちが安心して利用しています。もはやLINE LIVE(ライン・ライブ)は、コミュニケーションツールとして必要不可欠な存在です。

LINEやTwitterでログインすれば、LINE LIVE(ライン・ライブ)をスタートすることができます。魅力的機能も満載、女の子たちも気軽に楽しむことができる配信アプリです。

スマートフォン画面をそのまま配信することができるから、ゲーム実況配信も簡単にすることができます。

Mirrativ(ミラティブ)

次のおすすめのライブ配信アプリは、Mirrativ(ミラティブ)です。Mirrativ(ミラティブ)は、スマートフォンを、数タップで配信&録画できてしまう、新しい感覚のライブ配信アプリです。

ゲームが好きだから自分でも生配信してみたい……という人たちは、このライブ配信アプリだったら、即スタートすることができますよ。

複数人で生配信ができるマルチプレイ、ゲーム好き同士で実況プレイを行うことができます。

いかがでしょうか。ライブ配信アプリを使えば、こんなにライブ配信を身近なものにすることができます。まさに、現代社会は、ぐっと新しい未来に近付いた……という感じではないでしょうか。

【成功の鍵】ライブ配信の時間を気にしてみよう!

あなたはライブ配信のためどのような配慮をしているでしょうか。 あなたはライブ配信に対して、このような配慮をすることで、より注目されるライブ配信を行うことができるかも。人気のライバーさんたちは、このようなテクニックを使っているようですよ。

ライブ配信の時間を気にしてみよう!

人気のライバーさんがいれば、敢えて時間をずらすのもテクニックです。第一目標は、一時間を目安として、 スコアとフォロー人数を増やしてみることです。

朝、一番でライブ配信!という人たちもいらっしゃるようです。出勤前、電車内でライブ配信が友だちという人たちもいます。そのような人たちを意識してライブ配信となれば、8:00~9:00あたりがターゲットではないでしょうか。

また、お昼休憩というのもライブ配信を見る人たちが多く集まる時間です。とすれば、ライブ配信の時間は、 12:00~13:00という感じです。はじめてのライブ配信というのなら、ここあたりがおすすめの感じはありますが。まずここあたりの時間でライブ配信を一時間、フォロワー数をアップさせましょう。

15:00~16:00といえば、午後のアンニュイなひとときです。若い人たちは、この時間帯にライブ配信に集まってくれることでしょう。

19:00~20:00は、またまた、帰宅するサラリーマンが、ライブ配信に注目してくれる時間帯です。人気のライバーさんは、 20:00~21:00を狙うかもしれませんが、敢えて、ライブ配信の新人の方々は、 19:00~20:00狙い!です。

雰囲気づくりは大事

雰囲気づくりはとても大事です。あなたもライブ配信で雰囲気をしっかり意識することができれば、もうプロフェッショナルの仲間入りです。

雰囲気作りのため、パソコンからBGMを流すというのもいいでしょう。しかし、BGMがガンガン流れてしまうのはマイナスイメージです。自分の好きな曲を流してみたりして、そこからいいコミュニケーションをゲットすることができるかもしれないですよ。

自分の配信がどんな風に見えるか

そしてライブ配信はじめてという人たちは、自分の配信がどんな風に見えるか……ということはとても気になるのではないでしょうか。

そのようなものはただ考えるだけでは尚更不安を抱えてしまうだけです。そのような問題は、 画面録画機能を使ってチェックすることができ、解決することができます。

「17ライブ」使用すれば、1分間だけ画面録画してくれてとても便利です。

ライブ配信の魅力は覗いてみればすぐにわかる

ライブ配信は、Youtubeで頻繁に投稿されている動画とは違い、リアルタイムに投稿されるメッセージによって、意外な方向性へと展開する期待感があります。

ライブ配信を見ている人たちは、そのような思わぬハプニングをわくわくドキドキ期待しているのかもしれないですよね。 でも、まだ、ライブ配信って何……と言っている人たちは、実際にいます。

そのような人たちは、実際にライブ配信がどのようなものか一回覗いてみれば一目瞭然です。

ライブ配信の魅力は覗いてみればすぐにわかる

ライブ配信の魅力は覗いてみればすぐにわかると言いたいのです。ライブ配信は、決してハードルの高い難しいものではありません。そして、ライブ配信を覗いてみた人たちは自分自身でもライブ配信をしてみたいという気持にきっとなることでしょう。

ライブ配信は、誰でも簡単に行うことができるから、このような感じで、いま、現代社会において人気が爆発したということができます。

現代社会では、スマートフォンの普及率がかなり高いですが、みなさんはスマートフォンで何ができるのかまだ模索している頃ではないでしょうか。ライブ配信だって、スマートフォンひとつあれば、スタートすることができます。

ライブ配信してみよう

ライブ配信を側にしてライブ配信しないなんて非常にもったいないです。人たちがしていることを真似ているうちに簡単に、ライブ配信のプロフェッショナルになることができますよ。

いきなり、アプリのライブの選択ということよりも、まずは友だちがしているのを横から覗いてみましょう。ごくごく普通の人たちが気軽なモチベーションでライブ配信をスタートしているのです。

芸能人やアーティストが出演するライブ配信をチェック

かつ、友だちだけでなく、芸能人やアーティストたちが出演するライブ配信を一度チェックしてみましょう。

たとえば、ニッポン放送で毎週水曜日25時から放送されている「AKB48のオールナイトニッポン」では、連動したSHOWROOMでのライブ配信では、なんと、ラジオ放送だというのに、生で放送されているスタジオの様子を見ることができてしまうのです。これってすごいことではないでしょうか。

ライブ配信と連動することで、ラジオが、ラジオでなくなってしまうのです。このようなアイデアは、今後いろいろ浮かんでくるのかもしれません。

へえ、このようなアイデアがあったのか……と思えば、多くの人たちがライブ配信に注目するでしょうし、自分自身もやってみようと思うでしょう。

ライブ配信 おすすめWebカメラ バッファローWebカメラ BSWHD06MBK

ライブ配信に必要不可欠アイテムは、Webカメラです。あなたは、どのようなWebカメラを選択されたのでしょうか。Webカメラは、別にどれでもいいというモチベーションの方々なら、とてもリーズナブル料金で購入することができます。

ただし、Webカメラを購入するときは、どのような機能を持っているか、違いなどは、ある程度しっかりチェックしましょう。

あなたには、ライブ配信のため、このようなWebカメラがおすすめです。

バッファローWebカメラ BSWHD06MBK

まず、おすすめWebカメラは、バッファロー
Webカメラ BSWHD06MBKです。

バッファローWebカメラ BSWHD06MBKは、amazonで、6300円で購入することができるWebカメラです。料金も、6300円というのは充分にリーズナブルだと思いますよ。やっぱりストレスないライブ配信をするため、最低レベルのWebカメラは避ける程度の気持は必要なのかもしれません。

バッファローWebカメラ BSWHD06MBKは、ケーブルをパソコンに繋げば、それだけですぐにライブ配信をすることができます。

ライブ配信って、本当に誰もが気軽なモチベーションでスタートすることができる手段なのです。新型コロナの影響で、ライブ配信の機会もどんどん増えています。ライブ配信は、Webカメラの価格もリーズナブルだから、ハードルはかなり低いです。

120万画素、 マニュアルフォーカス機能搭載、 レンズ部のリングを回すだけでスムーズに、ピントの調節を行うことができます。 Windows はもちろん、マックにも充分対応することができます。

オースダム
ウェブカメラ AW615
次のおすすめWebカメラは、オースダム
ウェブカメラ AW615です。

オースダム
ウェブカメラ AW615は、 200万画素で鮮明な動画をenjoyすることができるWebカメラです。ノイズキャンセルマイクを内蔵し、騒々しい環境でも、周囲の雑音を排除することができ、クリアで気持のいい音声でやりとりすることができます。

また、このWebカメラは、360度どこにでも向けることができ、 最適な角度でやりとりすることができます。

ロータッド
ウェブカメラ H_603
次のおすすめWebカメラは、ロータッドウェブカメラ H_603です。

ロータッドウェブカメラ H_603は、 Windowsにも、マックにも対応することができるWebカメラです。

ロータッドウェブカメラ H_603は、 ノイズ低減マイクを搭載、話しをしている人たちの声を、適切に拾ってくれます。夜間撮影機能あり。

ライブ配信にこのようなWebカメラがおすすめ 加藤電機 インターネットカメラ IC-001

ライブ配信のために、こんなWebカメラをおすすめします。とにかく、Webカメラとは、手軽な料金で比較して購入できるアイテムです。……とはいうものの、日頃ストレスなくライブ配信にWebカメラを使用したいですからね。

少し、レベルの高いWebカメラを購入する程度の気持は大事ではないでしょうか。

加藤電機 インターネットカメラ IC-001

まず、最初におすすめするWebカメラは、加藤電機インターネットカメラ IC-001です。

加藤電機インターネットカメラ IC-001は、パソコン、スマートフォンから、最大で16台のカメラの映像を確認できるWebカメラです。amazonで、現在、税込み42444円で購入することができます。

専用ソフトをインストールすれば、世界中どこからでも映像の確認を、 不正なアクセスを受けないで行うことができます。大切な家族や、ペットを見守るためにWebカメラが欲しいという方々には、おすすめアイテムです。

バッファローマイク内蔵200万画素WEBカメラ BSW505MBK

次のおすすめWebカメラは、バッファロー
マイク内蔵200万画素WEBカメラ BSW505MBKです。

バッファロー マイク内蔵200万画素WEBカメラ BSW505MBKは、 amazon価格で、2980円です。やっぱり、Webカメラは、リーズナブル価格で購入できるというのは本当です。別に、何十万円出さないでも購入することができるから、ライブ配信という手段が、私達の世界に比較的スムーズに取り入れられたということができるのではないでしょうか。

この程度の価格なら、まずは、購入してみよう!という気持にもなることができます。

バッファロー マイク内蔵200万画素WEBカメラ BSW505MBK:【インターフェース】USB 2.0 Type-A【ケーブル長】2m
【映像素子】CMOSセンサー【有効画素数】200万画素【最大解像度】最大1920×1080【最大フレームレート】30fps 【フォーカス】固定【動画フォーマット】MJPG/YUY2【焦点距離】60cm~∞ 【開放F値】F2.2【視野角度】約120度。

エレコムWEBカメラ UCAM-C750FBBK

次のおすすめWebカメラは、エレコムWEBカメラ UCAM-C750FBBKです。

エレコムWEBカメラ UCAM-C750FBBKは、amazon価格で、4928円。500万画素のレベルの高い映像が魅力です。
パソコンに接続すれば即利用することができます。

ライブ配信の魅力を探る 動画と何が違うの?

いま、ライブ配信の人気が急上昇です。敢えて問います。ライブ配信には、一体どのような魅力が存在しているのでしょうか。

ライブ配信の注目度がアップ

ソニー生命保険が発表した「男子中学生が将来なりたい職業ランキング」では、YouTuberになりたい……という人たちが急増中です。小さな子供さんでも、Youtubeに非常に関心を持ち見ている光景があります。TwitterやInstagram、そして、ソーシャルメディアのスマートフォンアプリを開くと、「ライブ」というボタンを見つけることができます。

でも、ライブと今まで一般的に言われていた動画とはどう違うのでしょうか。普段、私達がしているのは、Youtubeという動画を見るスタイルです。

動画とは 

動画とは……、スマートフォンで撮影して、映像データを保存し、編集などして、サイトへアップロードして、周囲の人たちに見てもらうことができるものです。

ライブ配信とは…… 

では、ライブ配信とはなんなのでしょうか。ライブ配信とは、「生放送」ということです。パソコン、スマートフォンから映像をあなたが送ることができれば、同時にタイムリーに周囲の人たちに見てもらうことができる仕組みです。

基本動画では編集が入り、いいとこだけ切り取ったものを相手に見せることができますが、ライブ配信の場合では、いまその場で起きている瞬間をそのま相手に伝えることができるメリットがあります。

ただし、逆にデメリットととらえる人たちもいらっしゃることでしょうが。ライブ配信とは、まさに、生放送というイメージでとらえればいいのではないでしょうか。

ライブ配信の生の魅力

テレビを見ていても生放送とそうでないものを、一応私達は区別して見ているところはないでしょうか。生放送の場合は、どのようなハプニングが起こるかわからない期待感がありますよね。そして、テレビの向こう側の人たちと、同じ時間を共有している意識があります。突然、地震が起これば、私達の家と一緒に、テレビの向こう側の人たちも揺れているのです。

孤独に一人暮らしをしている人たちは、生放送によって、孤独感が幾分解消することができるのではないでしょうか。

生放送だから、いちいち編集する面倒くささがない……といういい方もすることができます。ライブ配信の方が、手軽なモチベーションで、向き合うことができるという人たちもきっと多くいらっしゃるのではないでしょうか。

1 2