コンテナハウスをチェックしよう

今回、コンテナハウスの法規制 建築基準法・建築確認・固定資産税について考えてみましょう。

いろいろ、家造りには難しい問題が立ちはだかっていまなすよね。そのような問題は、コンテナハウスの場合、スムーズに進行させることができるのでしょうか。

コンテナハウスって、固定資産税って支払いしなければならない?

そもそも、コンテナハウスは、固定資産税って支払いしなければならないものなのでしょうか。

オシャレなコンテナハウスは、若い人たちもおおいに注目していらっしゃることでしょう。こんなオシャレでカッコいいコンテナハウスも、リーズナブル価格で実現することができるかもしれません。

しかし、住居として向きあうためには、いろいろ面倒くさい手続きも存在していたりします。

固定資産税とは、不動産を所有している期間にかかる税金です。コンテナは不動産でないという思いがあなたにあれば、固定資産税は支払いしなくていいという思いになってしまうかもしれません。

しかし、残念ですが、固定資産税は支払いしなければなりません。

屋根があって四方を壁で囲まれている構造物に対しては、かつ地面に定着しているものに対し、 建築基準法では建築物という扱いになります。それはコンテナハウスでも同じです。

海上輸送で使われるものなのに、なんで固定資産税が発生するのか非常に理不尽という思いもあるかもしれませんが、コンテナハウスでも地面に定着させるとれっきとした建築物なのです。

コンテナハウスの建築確認申請は

次に、コンテナハウスの建築確認申請の問題です。建築物の場合、建築する以前には、設計図を役所に提出する必要があります。

建築確認申請を行うことは義務です。

建築確認申請においてチェックされる項目は、住宅が建てられるか?道路に接しているか?建物の大きさに問題はないか?耐震性はあるのか……?と言ったいろいろな問題です。

実際に、そこに厳しい審査基準が存在そしているとすれば、コンテナハウスがそれを通過することができるのか、非常に気になるポイントですね。

ISO規格のコンテナの場合

まず、海上コンテナをそのまま使用してコンテナハウスを作ろうという方々の場合、鉄の材質はISO規格に通過したものですが、日本のJIS規格ではないため、なかなか建築確認申請を通すことが難しいとされています。ただし、絶対に駄目ということではないようです。

JIS規格のコンテナの場合問題なし?

JIS規格のコンテナの場合は、建築確認申請は難なく通すことができるでしょう。日本の国内で販売されている多くのコンテナハウスは、JIS規格に対応した鋼材を使用しているからです。