コンテナハウスをチェックしよう

住居として使用するためには、コンテナハウスに対して、断熱性・強度・耐久度などが大変求められる問題です。

海上コンテナは一見頑丈に見えるものの、玄関、窓のため穴を開けてしまうことで、そうではなくなってしまうことがあります。

コンテナハウスとして、「断熱性」・「強度」・「耐久度」と言ったものをキープするためには、海上コンテナをそのまま使用するというのではなく、建築専用のコンテナハウスである必要があります。

コンテナハウスとして、コンテナが有効的に活用することができるのも、やっぱりコンテナハウスの断熱性・強度・耐久度がしっかり確保出来ているからです。そうでない住居になんて、長く住み続けることができるはずはありません。

コンテナハウスの抱える問題

コンテナハウスに非常に関心を持っているものの、安心して使用することができるか、機能性はどうなっているのかなど、いろいろ考えるべき問題があります。

いろいろ考えると、まだまだコンテナハウスって不安なのかもしれないですよね。

コンテナハウスは、夏暑くて冬寒い……という認識の仕方をしている人たちもいらっしゃるのではないでしょうか。

そもそも、コンテナハウスは、重量鉄骨を剛接合した枠組みであって、構造的の理論は、マンションとなんら変わりがありません。

そこで、あなたがしっかり断熱工事を行えば、気温、湿度の快適なコンテナハウスを作ることができます。

内断熱

コンテナハウスの断熱の方法には、内断熱というものがあります。内断熱とは、グラスウール&ウレタンフォームを断熱材として使用します。

多くのコンテナハウスでは、このような方法が取られているでしょう。

発泡ポリウレタンフォーム

また、発泡ポリウレタンフォームは、気密性が高く、結露の心配もなく、断熱性にもとても優れています。

ただし、規模の小さいコンテナハウスを作ると、ちょっと価格が高くなってしまう可能性があります。

外壁断熱

外壁断熱という方法は、断熱材のついた外装パネルを貼りつける方法です。このような方法であれば、外側は覆ってしまうので、結露の問題もなく、断熱・気密処理をスムーズに行うことができます。

ただし、このようなコンテナハウスは、害虫の被害を受けてしまうことがあり、注意する必要があります。

コンテナハウスは長く住み続けることができる家

まさにコンテナハウスは、鉄の箱に過ぎないのです。ですから、当然に錆の問題など浮上してしまうでしょう。しかし、そのような問題は、防錆加工やメンテナンスと向きあうことで、あなたもコンテナハウスに長く住み続けることができます。