コンテナハウスをチェックしよう

あなたもいま、コンテナハウスを作ろうと思っている時ではないでしょうか。でも、おおかたコンテナハウスについて初心者の方々ばかりではないでしょうか。どのようなコンテナハウスを作っていいかノウハウはお持ちでしょうか。ちょっと、今までの住居と、抑えておかなければならないポイントが違うというのもこのコンテナハウスなのかもしれません。

おすすめのコンテナハウス

コンテナハウスについて解説

コンテナハウスについていろいろな悩み、不安をお持ちではないでしょうか。コンテナハウスの広さ、間取りはどのすればいいのでしょうか。

おおかた、コンテナハウスは、海上コンテナをそのまま使用するというのではなく、建築用としてのコンテナを使用します。

建築専用としてのコンテナには、 20 フィートものと 40 フィートものがあります。

国際標準である ISO 海上輸送コンテナと同じサイズです。

また、最近では、20 フィートと 40 フィートのコンテナに対して、それぞれ高さだけを 1 フィート(おおよそ 30 cm)高くしている”ハイキューブコンテナ”も登場しました。

そのようなコンテナの選択肢によって、容積は、12%程度増加させることができます。

あなたのコンテナハウスに、ハイキューブコンテナという選択肢もおおいにありではないでしょうか。

コンテナハウスは建築用コンテナハウスを使う

コンテナハウスに海上コンテナをそのまま使うのではなく、建築専用コンテナを使用する理由は、品質の確保のためであり、みなさんがいつも安心して過ごすことができる住居を作るためです。

海上コンテナでは、材質の問題で建築基準法を通過させることができません。コンテナハウスを作るとき、窓、玄関も必要です。しかし、海上コンテナでは、そのようなものを設置することで、構造上トラブルが出てきてしまうことになります。

建築のためのコンテナであれば、そのような問題は、スムーズにクリアすることができます。

コンテナハウスで素敵な住居の実現

あなたが、コンテナハウスといいう選択肢を持つことで、今まで実現することができないようなタイプの住居を作ることができます。

コンテナハウスをデザインするには、それぞれコンテナをモジュールとみなして、モジュール同士組み合わせることで、いろいろな形とサイズを実現することができます。

もちろん、ひとつのコンテナハウスだけでも充分確保出来るケースもあります。 40 フィートコンテナを利用して、イベント&カフェスペースというのも新しい発想ではないでしょうか。